講義内容

講義内容紹介

これまで水滸会で行ってきた講義の一部をご紹介します。なお、水滸会では年間10日間程度、東京・仙台・郡山にて少人数に向けた「患者さんの心の動かし方」を軸とした噛み合わせの講義を開いています。興味がある方はぜひ受講してみてください。

講義の内容・流れ こちらをクリックすると詳細が表示されます。

水滸会実習コース

講義内容例

講義1日目

1日目
講義に関しての総論
医院での患者様への接し方・話し方について
理論的な義歯・咬合の話

矢印

講義2日目

2日目
下顎の前方適応と咬合育成主宰プレゼン
キャディアックスの説明&実習説明
キャディアックスの実習(顎関節に問題のある受講生をピックアップ)

condylograph分析について主宰プレゼン
受講生症例の分析・評価
1日のまとめディスカッション

矢印

講義3日目

3日目
顎位修正と咬合再構成に関しての受講生プレゼン
slavicek理論に関して主宰プレゼン①

矢印

講義4日目

4日目
slavicek理論に関して主宰プレゼン②
slavicek理論をもとにパーシャルデンチャーの勉強

矢印

講義5、6日目

5、6日目
不正咬合に関してのディスカッション
メカニカルフォースとバクテリアの関係について
神奈川歯科大学学長 佐藤 教授による講演

また少人数勉強会のメリットでもある受講生1人1人の
疑問や難症例に関するディスカッションも行っています。

混合歯列期からの予防

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

※画像はクリックすると拡大します。

Mechanical forceと微小環境

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

※画像はクリックすると拡大します。

部分床義歯の考え方

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

※画像はクリックすると拡大します。

講義風景

画像

2013年6月30日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第3回】

画像

2013年6月30日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第3回】

画像

2013年6月29日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第3回】

画像

2013年6月29日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第3回】

画像

2013年5月26日
臨床講演会(1)

画像

2013年5月26日
臨床講演会(2)

画像

2013年5月26日
臨床講演会(3)

画像

2013年5月26日
臨床講演会(4)

画像

2013年4月21日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第2回】

画像

2013年4月21日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第2回】

画像

2013年4月20日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第2回】

画像

2013年4月20日
シークエンシャル咬合の概念に基づいた欠損補綴への対応|パーシャルデンチャーの考え方2013  【第2回】

<< 1 2 >>

お問い合わせはこちらからお願いします。